ドキュメントスキャナーで資料をらくらくデジタル化

|中国語の翻訳する業者|新潟の注文住宅選びはここ|住宅ローンの比較表なら|新規顧客の獲得支援なら|

 

紙の資料は、視認性が良い、書き込みやマーキングなどのカスタマイズがしやすいなどのアナログ独特の良さがありますが、持ち歩くのにかさばる上に重いというデメリットもあります。また、一度使った資料をそのままにしておくとどんどん本棚を圧迫してきますから、一度使ったけれど次いつ使うかはわからないような資料はデータ化してしまうのをおすすめします。

紙をデータ化するにはドキュメントスキャナがおすすめです。ドキュメントスキャナは1度にたくさんの資料を簡単にデータ化することができます。一般に複合機などについているスキャナは片面1面のみしかスキャンすることができませんし、一枚一枚紙をセットしないといけないので大量の資料を読み取りたい場合は莫大な時間がかかります。しかしドキュメントスキャナは一度に両面の読み取りができますし、紙の厚さにもよりますが20〜50枚の資料を一気にセットすることができますので、200ページほどの本でも5分ほどでスキャンが完了します。紙の資料をデジタル化することで、何万冊もの資料でもデータなら簡単に持ち歩けますし、文字列の検索などもすることができ便利です。本棚もすっきりするのでお勧めです。

 

フリーソフト|相互リンクダイレクト|seoリンク|副業ランキング|相互リンク募集中|全身脱毛どこがいい|ページランク ランキング
|データ復旧|サイドビジネス|